読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味のおもちゃばこ

メタル・ロックと百合とたこやきとお話を書くことが好きな私、雨宮 丸がつぶやく多趣味人間のブログです。

百合の肉欲盛りを分けてくださいどなたか優しい方

さて、久しぶりに記事を書きます。
ここ最近はオリジナルのお話ばかり上げてしまったので筆休み程度に行きましょう。それに、雨宮の始めたことに対してのサボり撲滅も含めてです。

 

それにしても意味の分からないタイトルですね。頭は大丈夫なのでしょうか……(

 

さてさて。今回はお題スロットを回した中に面白そうなものを見つけたのでそれを書いていくことにします。

 

それがコチラ:お題「好きな肉」

 

好きな肉ですか……。

ズバリ、百合な女の子たちの肉欲です!!! もう最ッ高!!!!!!!! あぁクンカクンカ!クンカクンカ! スーハースーハー! スーハースーハー! いい匂いだなぁ…くんくん ……!!

 

……。

キモいですね。自分自身が嫌いになりそうです。

 

いやはや失礼しました。最近は忙しすぎて疲れているんですねきっと……(何が

しかしですね、お題を見たときに「肉=えっちなもの」と思考が働いてしまった雨宮は自分のことだというのに呆れてしまいました。同時にまだ正気だと感じて安心しました。まったくどうしようもない奴ですね(

 

ですが、よくよく考えてみれば百合の肉欲盛りってなんでしょうかね? 私が言い始めたのになんだそりゃって感じですが……。

 

百合の肉欲盛り……

  • 乱交
  • 婦女暴行
  • NTR(女性同士での)
  • 強姦(女性同士での)
  • 睡眠姦(女性同士での)
  • 複数での家畜プレイ(女性のみの)
  • マイソフィリア(女性同士での)
  • プレイ・オブ・カニバリズム(女性同士で)

                                          ・

                                          ・

                                          ・

                                          ・

 

ほとんど犯罪じゃないか! なにが百合だよこの野郎!!!!!

 

しかも最後の方なんて本当に食べてるじゃないですか……おっかねぇ……。

まあ、肉欲・性欲に正しい考え方なんて存在しませんからね。肉欲を含む欲という願望は快楽主義なものばかりですからね、マジで。

それを考えると雨宮が好む百合というのは「いちゃいちゃ甘々」ですから、そういったものとは離れているのかもしれません。あ、もしかしてエロ本はそういうものなのかも? エロ本……ふうむ……。

 

あっでもセックスをお預けにされて我慢できずつい激しくギシアンしてる百合はたまらなくイイ! たまらん!! 最高!!!

 

……。なるほど、これが百合の肉欲ですか。また一つ賢くなりました(

 

前述した犯罪臭いものを除いて考えてみると、やはり結論としては百合(もしくはレズ)のエロ本にたどり着くのでしょうか。

考えてみれば様々なシチュエーションで女の子たちが恋をした同性といちゃついて、キスして、デートして、気持ちが昂ぶった挙句に身体を重ね合う。しかし、彼女たちにはまだ刺激が足りないとその行為を何度も繰り返し、次第に各々の肉欲に溺れ鎖に絆がれたように二度と這い出ることの出来ない渦に飲まれていく。もはやそれは、羞恥だとか背徳を超越しているのである――

 

……アハッ!(下衆顔

 

想像したらかなり良かったので変な声が出てしまった……ぬふふ……(

つまるところ個人の趣味に委ねられる部分もあるでしょうから、最終的な結論に至るには難しいかもしれないですね。雨宮はハードすぎるプレイは苦手なので調教物や陵辱系は……うん……。

こうして考えてみると、百合が好きだという思考も、お話に登場する百合な子たちもまるで中毒にかかっているみたいですね。表現は芳しくないかもしれませんが、どんどんのめり込んでいくその様は、どの中毒症状と類似しているような気がします。

 

中毒か……。えっちなことに対して興味がなかった女の子(未成年)がある種ビッチなお姉さんに出会って押し倒されて……。激しく一線を越えてしまうようなプレイはないけれど少女は次第に覚えたての快楽に束縛されて毎日のように交尾に勤しむようになる。そしていつの頃からか、欲を貪っているお姉さんと身体を重ね合ううちに、その行為が子孫を残すためのことだと気がついていき少女はお姉さんを見るだけで自らの子宮が自然と欲しがっていると気がついて、漸く少女自身の身体が生殖機能を備えた大人の雌になっていると気がついていくのだった……。なんて……

 

ヌハアッ!!!! もう最ッ高!!!!!!!! あぁクンカクンカ!!!!!!!! クンカクンカ!!! スーハースーハー! スーハースーハー! いい匂いだなぁ…くんくん ……ぐへへ……!!!!!!!!!!

 

 

 

※妄想はほどほどにしましょう。上記の患者は末期の例です。