読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味のおもちゃばこ

メタル・ロックと百合とたこやきとお話を書くことが好きな私、雨宮 丸がつぶやく多趣味人間のブログです。

可愛い女の子と百合とメタルと

なんだか雨宮の嗜好をギュッと詰め込んだようなタイトルですね。芸がない。

 

ちょっと私生活でいろいろあったもので、息抜きにと先ほどまで百合百合な本やお話を堪能していたのでちょっと綴っていきたいと思います。

 

ついさっきまで読んでいたのは得能正太郎先生の四コマ漫画で現在TVアニメが放送中の「new game!」の四巻と五巻を読んでました。

このお話は一巻の表紙を見て「おお、なんだか面白そう」と思って買ったのがきっかけでした。そして購入して読んでみたらなんとまあ百合百合しいこと! 最高だなと叫びながら小躍りしていたのを今でも覚えています。はい、変人です(

 

そんなnew game!ですが今年の七月に第四巻と五巻が同時発売されて仕事帰りに買いに行きました。しかし、疲れの影響か今日という日まで全然読むことなく過ごしていまして、ふと思い出して読んで幸せな気分になった所存であります。

 

今回の五巻は主人公・涼風青葉の学生時代のお話を丸々単行本にしてあり、とても読み応えがありました。ああ、こういう経緯で入社していたんだな、若いってすばらしきかな……としみじみ思いました(雨宮は二十代前半

 

でも個人的にお気入りだったのは四巻です。何故かと言うと――

 

 

うまい具合にカップリングができている!? おまけに凛さんが本妻ぶりを発揮しているだと!?

それに、なんだこれは! ちょっとイジワルなひふみんが本命の青葉ちゃんを差し置いてゆんちゃんをたぶらかしている(語弊)だと!? しかもときめきという素晴らしきマスカレイドを纏って……!!

 

フォォォォォオオオウッ!! これが燦々たるアルカディアか!!!!!!

 

……。

 

……ふう、失礼しました。いつもの発作なのでお気になさらぬよう……。

 

でも四巻はそういったゆりんゆりんした要素があって大変満足でした。それにゲーム制作サイドも御座なりにすることなく描かれていたので大変読み応えがありました。ありがとう得能先生……。

 

まあ、百合百合してるところも然ることながら本題たるゲーム制作の部分にて、青葉ちゃんの制作姿勢の変化に思わず唸りながら見ていました。ああ、成長してるなと心の中で感じながら読み進めました。本当にいい子ですね青葉ちゃん。

 

そして。今回の表題にあるメタルと書いた要素はというと……。

これは若干ネタバレになるかもしれないので閲覧注意なのです。

 

青葉ちゃんがとある大きな仕事を任されるのですが、確実な売り込みと確実性を見込んでパブリッシャ側が経験と技量のある青葉ちゃんの上司・八神コウ適任として選抜します。けれど青葉ちゃんは紆余曲折あって引き下がることなくキービジュアルを描くことを決意し、事実上コウとの対決へ……。

高卒で趣味で絵を描く程度ということもあり経験もまだまだ浅い青葉ちゃんは想像以上の今回の仕事の重さに苦悩しながらやっとの思いでイラストを完成させます。その時青葉ちゃんはふとコウの作品が気になり見せてもらうことに。そこでコウの作品を目の当たりにした青葉ちゃんは、プロとしての経験が長いコウの作品に差をまざまざと見せつけられ言葉を失う。そして青葉ちゃんは感嘆の声を漏らしながら――

 

……と、ほぼほぼ中身を書いてしまいました。だけど重要な部分は端折っているので気になる方は是非単行本をご覧になってみてくださいね。おっさん青葉ちゃんの立場になって一緒にうるっときました……歳は取りたくないなぁ……(何が

 

本や漫画を読む時は音楽を聞くのですが、この時偶然流れていたのがお題のメタル・ロックでした。その曲の歌詞とメロディがコウの作品を見た青葉ちゃんの何とも言えない複雑な心境を加速させて、思わず感極まりそうになりました。

 

その時に聞いていた曲たちとピンときた歌詞たちがこちらの二つです↓

 

●その1

かく物語は終わりぬ
狂気が冷たく言い放った
それでもチャンスを待ち続けている
どこからともなく
それは現れるのだ
そしてまた旅は始まる

(中略)

鏡の向こう側から
お前の魂の残酷な一面を晒し出す
さあお前の選ぶ出番だ
いずこともなく続くこの途上で

俺に何が出来るのだろう……。

(AND THE STORY ENDS / BLIND GUARDIAN (1995))

 

●その2

来るべき時が必ず訪れる
隠れちゃダメだ
自分の道を突き進め

お前は神に導かれている
ただの歩兵じゃない

(中略)

泣くことはないんだ
諦めてはいけない

(The Chance / Helloween (1991))

 

という感じですかね。
個人的には女の子にメタルって似合うと思うのですよ。

繊細で且つ活き活きとしたメロディの中に見え隠れする音たちの生きて弾む歌声。それでいて魂を震わせるような歌詞に、思わず聞き入ってしまう力強さ。そんな一件華奢に見えて真の通った部分が似ていて女の子(主に百合の関係)にピッタリだなと。思いっ切り偏見ですがね……。

お話を書く時もこういったメタルを聴きながら書いています。前も書いた通り、ゾクゾクするような、そんな話を書けることを目指して……。

 

……ふう。今日も今日とて書きたいことだけをずらずらと書いてしまいました。お見苦しいところもあったかもしれませんが、どうかご了承下さい。これが雨宮の趣味にまみれたこのブログですから……ああ、百合になりてぇ(

 

最後に、new game!四巻にてひふみんのお気に入りのセリフを書いて締めたいと思います。

 

――嘘つくなんて悪い子ね。ダメでしょ? ごめんなさいは?

 

 

はひいいいいいいいいいいッ!!!!! 雨宮はイケナイ子ですゥ!!!! なので私めを女にして愛玩具のように弄び罰として踏んでくだs(黙